【年収アップ】Uターン転職のデメリットは克服できる!

「東京を離れたいけど、きっとUターン転職すると年収下がるよね」

「Uターン転職して年収アップすることってあるの!?」

こんなお悩みの方へ。

 

2019年10月に首都圏から愛知県にUターンをしてきました。

スキルなしにも関わらず無計画に勢いでUターンしてしまったのでフリーターになり無職になり、苦い経験を経て年収アップして仕事を見つけることができました。

 

コロナの影響で地方への転居が注目されているようなので【リアル】な情報をご提供できればと思います。

 

目次

地方に仕事はない問題

都心で仕事をしていた人が地方に転居するときに真っ先に問題になるのが地方に仕事がないということです。

 

正しくいうと、都心でやっていたような収入ややりがいが得られる仕事がない、ということです。

 

私の場合は薄々気付きつつも、どうしても早く仕事をやめて田舎に帰りたいという衝動を抑えられずエイヤっと戻ってきてしまいました。

勢いでUターンすると絶望する

ゆっくり戻って仕事見つけよう、そう思っていた私は仕事探しを始めて職種がない、求人が少ない、給与が少ないに絶望しました。

やむ終えないので、受け入れるしかないのですが転居前に覚悟していたもののいざ自分の次の仕事と捉えると気持ちが変わりました。

 

同時期にUターン転職をした友人は転居前に転職エージェントを使用して仕事をゲットしていました。

前職と似たような結構珍しい職種を見つけていたので、地方に仕事がないとまでは言えず「じっくり探せばあるかも」といった具合がリアルなところでしょうか。

そのためには半年とか、結構長期でエージェントに助けてもらいながら仕事を見つけ、見つけてから転居が賢い選択です。

苦渋の選択の末「派遣社員」を選んだら、まさかの年収UP

またIT業界で働きたいと強く思っていたものの、目標としていたモダンなIT企業は愛知にはほとんどありませんでした。

あったとしても経験者プログラマーを求めている求人が多く敗戦が続きました。

 

貯金もかなり寂しくなったので、未経験からIT業界のエンジニアになる比較的簡単なステップである派遣会社に登録しました。

  • パーソルテクノロジースタッフ
  • パーソルパナソニックHRパートナーズ
  • スタッフサービス

など、有名どころに登録しました。

結果としては、噂通りIT業界でのパーソルテクノロジースタッフさんの営業力は凄まじく

未経験にもかかわらず、時給2000円越えのお仕事を紹介していただきました。

もちろん現場経験もつめるので、収入を得ながらエンジニアの基礎知識を身につけて資格取得を目指していきたいです。

「田舎で1回ゆっくりしよ」に潜む意外なワナ

実体験なのですが、私は地元に戻ってゆったり暮らて今後のことを少し考えようと思っていました。

しかし

  • 収入がなくなると心が不安定になりゆっくり考えていられない
  • 履歴書の空白期間は転職で必ずツッコまれる
  • 社会復帰のタイミングが難しい、タイミングを逃す

という負のループが待っています。

 

地元ですぐに仕事を見つけなかった理由は「働く場所に囚われないスキル」を身につけたいと計画していたからでした。

そしてあわよくばそれでリモートの仕事をゲットしたいと思っていました。

計画通り「働く場所に囚われないスキル」の代表である

  • Webデザイン
  • サイト制作
  • Webライティング

を独学して、習得しました。

 

ここからが問題なのですが、仕事をゲットするためにはコネか営業が必要です。

実際にやった仕事獲得の方法は

  • 地元の制作会社に売り込み
  • クラウドソーシング
  • 知人の手伝い

一応仕事にはあり付け、実家暮らしなら貯金も少しできるぐらいの収入を得ました。

 

しかし次の理由から企業で働きたいと思うようになりました。

  • ずっと続けるのは無理
  • 一人で仕事するのつまらない
  • 自分で仕事を生み出せるスキルがほしかったけど、あまり世の中に貢献している気がしなかった

SNSで自分で食っていけるスキルを!みたいな情報が多く、憧れてがんばってみましたが自分には向いていないようで少し挫折体験です。

血眼でやり切る覚悟が足りなかったとも言えます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる