Uターン転職とは?知っておきたいメリット・デメリットを徹底解説!

コロナ禍の中、リモートワークや地方移住、ノマド生活など地方へ注目が集まっています。

よく聞く「Uターンって何?」
Uターン転職のメリットとデメリットを事前に知りたい!

本記事では2019年に実際にUターン転職をした私が、メリットとデメリットをまとめました。

ぜひ読んでみてください!

関連記事【完全保存版】Uターン転職のやり方・ロードマップ!

関連記事地元を離れて就職した私の後悔。悩むあなたへのアドバイス

関連記事【年収アップ】Uターン転職のデメリットは克服できる!

目次

Uターン転職とは?

Uターン転職とは、一度地元を離れた人が再び転職を伴って地元に戻ってくることです。

人の動きがアルファベットのUの形になるため、Uターンと呼ばれます。

多くの場合では都会から田舎へ戻るというニュアンスを含んでいます。

地方移住のパターンはいくつかある

Uターン以外の地方移住に関するパターンは次の通り。

  • Iターン:地元→地元以外、地元以外→地元以外
  • Jターン:地元以外→地元の近くの別地域
  • Oターン:地元以外→地元→地元以外の以前いた場所

Uターン転職のメリット

Uターン転職するメリットは次の通り。

  • ワークライフバランスが整う
  • 親孝行できる家賃が安い
  • 人混みから解放される
  • 自然の近くで暮らせる
  • 住み慣れた故郷で落ち着いた生活ができる

ワークライフバランスが整う

職場の近くに住んだり車通勤でストレスが減ったりと、地方の方がワークライフバランスが整います。

仕事に関しても都心よりも競争が少ない分、プレッシャーが少ないということもあります。

親孝行できる

地元に戻ることで、親孝行することもできます。

親は子どもが元気にしているだけで嬉しいものですが、近くで楽しい時間を過ごせたら口に出さずとも喜んでくれていますよ。

家賃が安い

首都圏は一人暮らしの家賃が高いですよね。

都内だと多くの人は、安くても7万円以上家賃に回す必要があります。

一方で地方都市は同じ家賃を払ってさらに広い部屋に住めたり、同じ間取りであれば1〜3万円賃料を下げても物件が見つかります。

家賃は固定費なので安ければ自動でその分お金が浮きます。

人混みから解放される

わたしがそろそろ地元に帰りたいなと思った大きな要因は人混みが辛い…ということです。

通勤電車はもちろん、土日はどこに行っても人混みで疲れてしまいます。

自然の近くで暮らせる

地方で生まれ育った時には気付きませんでしたが海と山に囲まれた田舎は四季の移り変わりや夕陽の美しさをダイレクトに感じられます。

夜に出かければ満点の星空が眺められます。

毎日自然を感じられることができるのも都会では味わえない地方生活の醍醐味です。

住み慣れた故郷で落ち着いた生活ができる

地元に帰るとホッとしたような不思議な気持ちになりますよね。

故郷に住むということで、等身大の自分で落ち着いた生活を送ることができます。

Uターン転職のデメリット

Uターン転職も魅力ばかりではありません。

デメリットは主に、お金と仕事です。

  • 仕事が限られる
  • 収入が下がる
  • 遊ぶ場所が限られる
  • 場所によっては車が必須

仕事が限られる

やっぱり地方では仕事が限られてきます。

大きな企業で働いていた人なら尚更、今のキャリアを手放して地方都市の中小企業へ転職するのは決断が難しいと思います。

収入が下がる

一般的には、地方の方が平均収入も低いためUターン転職すると収入が下がるとされています。

しかし転職先を吟味したり、スキルを身につけるたりすることでUターン転職は収入アップを目指すこともできます。

関連記事【年収アップ】Uターン転職のデメリットは克服できる!

遊ぶ場所が限られる

地方都市は夜お店が閉まるのが早いし、そもそも車がないと目的地に辿り着けなかったりしますので外でお酒を飲むのも限られた機会になってきます。

首都圏に暮らしていると、毎週末出かける場所には困りません。

買い物に行く場所も話題のご飯屋さんも隠れ家的な居酒屋も探せば探すほど出てきます。

考え方によりますが、その分地方の美味しい食材を見つけて家飲みを充実させれば外での飲食代を当てること楽しめると思います。

場所によっては車が必須

地方都市では車がマストアイテムです。

車の購入や維持費にもお金がかかるので慎重にどのくらいお金がかかるかシミュレーションした方が良さそうです。

地方で家賃が下がる分、節約できると思ったら車の維持費で痛い目をみてしまうこともあるようです。

また首都圏で暮らしている方には車の免許を持っていない方も多いのではないでしょうか?

免許は自動車学校で通常で申し込むと約30万円ほど費用がかかります・・・

これってかなり痛い出費ですよね。。

格安で免許を取る方法に「免許合宿」があります。

  • 2週間ほどの短期
  • 約20万円(免許取得/寮/食事/交通費込み)

ほどで免許が取れます。

合宿免許受付センターなどから申し込み可能です。

私も免許合宿で免許取りました!

費用が10万円ほど抑えられたのでとってもコスパ良しでした!

まとめ

デメリットを理解して、淡い期待をしすぎないようにしましょう。

地方へのUターンはしっかり準備すればきっと成功しますよ!

Uターン転職の具体的なやり方後悔しないためにできることは別記事で紹介してますので、良かったらチェックしてみてください。

関連記事【完全保存版】Uターン転職のやり方・ロードマップ!

関連記事地元を離れて就職した私の後悔。悩むあなたへのアドバイス

関連記事【年収アップ】Uターン転職のデメリットは克服できる!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる