営業でスキルが身につかないと悩んでたときにやったこと3つ

営業って履歴書にかけるような資格がない
手に職がつかないから将来が心配…
こんなお悩みの方へ。
営業として頑張って働いているけれど、営業の仕事って資格もないし、「これができます!」というアピールしやすい手に職系の仕事でもないので自信を失ってしまうことがありますよね。
実際には「モノやサービスを売る」というとても重要なスキルは身につけられるのですが、それでは今お悩みはスッキリ解決しないと思います。
そこで、本記事では以前IT企業で営業3年してたときにわたしが
スキルをつけたい!と悩んだときに実行して
「未来につながったな!」
「ポジティブな方向に進んだな!」
ということを3つご紹介します。
目次

自己分析する

就職活動をするときに自己分析をしたと思いますが

働き始めて見える世界もありますよね。

働いている今の視点から自己分析を行いました。

▼自己分析に使ったツール

  • 読書:「苦しかった時の話をしようか」を友人の勧めで購入。ビジネス目線で自分の得意を見つけられる。
  • グッドポイント診断

 

スキルがないことに焦っていますが、まずは今の自分がもっている力を知っておきます。

そして、自分が向かっていきたい方向に役立てる方法を考えました。

転職サイト・転職エージェントに登録する

思い切って転職サイト・転職エージェントに登録しました。

エージェントの担当者さんは直近の転職意思がないとあまり相手にしてくれない傾向がありますが

転職市場でどのような人材ニーズがあるのかを知るうえでとても役に立ちました。

IT業界での人材ニーズについて分かったこと

たとえば、わたしはITの営業をしていた時に

「手に職があるITエンジニアは将来も仕事に困らなそうでいいな!」

とぼんやり思っていました。

 

しかし実際に、転職エージェントに登録し求人を見て分かったことは中途半端なITエンジニアはニーズがないこと。

むしろ、営業の方がよっぽど求人が多く、仕事に困らない。ということ。

ITエンジニアとして食いつないでいくには

ITスキル(プログラミング、サーバサイドの知識、運用・保守経験)だけでなく

プロジェクト管理能力や折衝能力、マネジメント能力が必要であるということが分かりました!

副業をはじめる

自分の今あるスキル、市場のニーズをチェックしたところで

自分の進みたい道で必要なスキルを使った副業を始めました。

 

わたしが始めた副業はWebライターのお仕事でした。

自分の営業経験やIT知識がWebライターとして役立ったのにはとても驚き考え方が変わる経験となりました!

副業が会社にばれると困るという人は収益は度外視して、まずはSNSで情報発信なども良いと思います。

SNSで人に伝える力を磨き、自分が目指す先にいる人たちと交流、信頼を集める。

ここまでできれば、「営業はスキルが身につかない」と凹んでいた頃の自分とは大きく変わっているはずです。

まとめ

いかがでしたか?

 

「営業はスキルが身につかない」と、感じていた頃にやってみて未来につながったことを3つご紹介しました。

  • 自己分析する
  • 転職サイト・転職エージェントに登録する
  • 副業を始める

 

営業で身につくお客さんに買ってもらうためのトークスキルや資料作成スキルは実は転職業界ですごくニーズが高いです。

そのスキルが既にあなたにあることを忘れず、目指す方向を改めて見直すことできっとあなたの進むべき道が開けますよ!

あなたの新しい1歩の何かヒントになれば嬉しいです!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる