引っ越し費用節約したい!今すぐ使えるテクニックを公開

引っ越しの費用をできるだけ抑えたい!

わたしは、これまで5回引っ越しをしてきました。

引っ越し費用って、はっきり言ってピンキリの言い値の世界なので見積もり比較しないと損です!

私がいつも使っているのは「引越し侍」。

これまでの経験から学んだ、引っ越し節約テクニックをまとめてみました。

できるだけお金を使わず引っ越ししたいという方は読んでみてください。

目次

引っ越し会社の費用の内訳を知ろう

引っ越し料金は、「トラックの大きさ+走行距離+人件費」です。

荷物が多ければ、多いほど引っ越し会社に手配いただくトラックは大きくなりますし

運ぶ作業員さんも増える可能性があります。

ここで1点ポイントですが、引っ越し会社によって持っているトラックの大きさが異なる場合があります。

また、一度トラックの最大積載量をこえれば次のクラスのトラックが手配されトラックの大きさという固定費が増えてしまいます。しかもこれは最大積載量マックスに積載しても最大積載量に全然届かなくても全く同じ費用なのです。

 

つまり、最安値でトラックを手配するには

  • 自分の荷物のマストで運ぶもの
  • マストではないができれば運びたいもの

を把握しつつ

  • 各会社のトラックの大きさ
  • 各サイズのトラック単価

を把握する必要があります。

 

これらを把握したうえで、自分が納得できる価格を探っていきます。

 

ぶっちゃけこれから詳しく書きますが、めっちゃめんどくさいです。

そのため引っ越し比較サイトでサックっと複数社比較するのがぶっちゃけ一番コスパがいいです。無料で使えるので、損することはないので一度使ってみてはいかがでしょうか?

頼れる人がいるのであれば、家族友人に協力してもらって自分たちで運んだり

お金をかけても大手引っ越し会社にサクッと運んでもらったり

そちらを選択するのももちろんアリです。

 

この記事はあくまでも、自力だけで引っ越しをしたいけど

無駄なお金を払いたくない…!と思っている方向けです。

手持ちの荷物を把握する

ここは大事な作業です。

1で説明したように、トラックはできるだけ小さく・そしてそのトラックに最大限荷物を載せる手配ができればこの引っ越し勝負は無事勝利となります。

今自分がもっている荷物は、絶対に必要なもの?引っ越しを機に断捨離できるもの?お気に入りのもの?

分類していきましょう!!

・家電

 冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビ、掃除機 etc

・家具

 ベッドフレーム、マットレス、ソファ、ドレッサー、姿見 etc

・服/雑貨/日用品/本

 大きく分けてこんなところです。服/雑貨/日用品/本 は段ボールに詰めるので

ある程度柔軟に対応できます。トラックに載せきれなかったら郵送という手もあります。

 

問題は、家電と家具です。これらを減らせれば減らせただけ引っ越し費用は安くなりますが

引っ越し先で新しいものを買う必要が出てくるのであれば、高くつく可能性もあります。

 

ここでは引っ越しの目的や将来的な予定と合わせて冷静な判断をしていきましょう。

例えば、これから同棲予定なのであれば家電はこれまでの単身用では使い勝手が悪いです。

パートナーと相談して、新調するかリサイクルショップで目星をつけておくのも一つの手です。

そして家具は、今の部屋のインテリアに満足していましたか?

次の部屋の床や壁、ドアや窓フレームの色と手持ちの家具は色が合いますが?

答えがNOであれば、心機一転断捨離することをおすすめします。

とはいえ、粗大ごみとして出すのは一苦労なので

わたしはまず、出張買取が可能かリサイクル業者に確認します。

取りに来てくれて、例え無償でも引き取ってくれれば粗大ごみの手数料が浮きます!

しかしリサイクル業者も買取・引き取り不可と伝えてくることも多々あります・・・。

そんなときは、「地元の掲示板♪ジモティ~♪」でおなじみのジモティに投稿!!

ちょっとすてるのはもったいないな、手数料払って捨てるなんて・・・というものも

無料で誰かに譲れたらとってもいいですよね!!

価格を設定して譲ることも可能ですが、なかなか譲り先が見つからないことがありますが

引っ越しの日にちが決まっていて急ぐのであれば思い切って無料にすると多数の応募が見込めます!

あとは、取引マナーの良さそうの人とメッセージ交換をして日取りを調整すれば自分は自宅にいるだけで、家具・家電を手放すことができます!

引越し比較サイトで複数社の見積もりを取る

引越し比較サイトとは、大手から中小や地方限定の引っ越し業者から見積もりを一括で取ることの出来る無料サービスです。

2で洗い出した最低限の引っ越し荷物を入力フォームに入れて、見積もり回答を待ちます。

 

とっても便利ですが、複数社から一気に見積もり回答の電話が来ますので

お休みの家にいるときに行うことをおすすめします。

 

ここでのポイントは見積もりを取り切ってから、金額や条件を全て並べてみることです。

そこで大体の大手の相場、中小の相場が浮き出てきます。

相場が分かったところで、各社にマイナス1~2万ダメもとで価格交渉をしてみます。

会社も状況や条件によっては値下げをしてくれることもあるんです!

あくまでもダメもとでトライなので値下げ不可でもがっかりしないでくださいねw

 

ここまでくれば、あなたはかなりの金額を節約できました!

まとめ

引っ越しの費用は荷物の量を減らすことと引っ越し相場を見定めて価格交渉することで、安くすることができます。

 

ぜひあなたの引っ越しをする際に役立ててみてください。

引っ越し会社を決めたら荷造りのときに、思い切って断捨離をするのもおすすめですよ!

スッキリ引っ越して、新生活を楽しんでください♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる