【退職理由】Uターン転職はスムーズに退職できるぞ!

今の職場をどうしても退職したい・・・このまま首都圏で働き続けるかも悩みどころ・・・

そう考えている方に朗報です。

Uターン転職は退職にはこんなメリットが

✔️スムーズに了解を得られる

✔️ほぼ確実に退職できる

✔️職場でのいざこざを避けられる

 

実体験を元に詳しく解説します。

目次

なぜUターン転職は退職理由に最適か?

人間には誰しも親や家族がいます。そして生まれ育った地元や地元がない人でも実家や両親の住む家があります。

あたなの上司や同僚も同じです。家庭環境は違うともいえど、家庭の事情や家族を思う気持ち、故郷を思う気持ちは世界共通、誰にも止められず、誰しもに理解してもらいやすい理由です。

 

  • 地元に戻って地元に少しでも貢献したい
  • 親の老後・介護のことなども考えて親の近くで暮らしてあげたい
  • 家庭を持つなら実家の近くに身を落ち着けたい

多少の話し方の脚色は自己責任でお願いしますがw

このような退職理由を述べられたら、とっても止めづらいですよね?

 

退職を希望する場合にほとんどの場合では退職理由を求められます。

ここでのタブーは、現在の会社で満足していない点を伝えることです。

例えば基本給やボーナスが低い、残業が多いといったことを述べると上司は待遇を見直すから残ってくれということがほとんどでしょう。

なぜなら、中途職員を探し採用し育てることは費用・時間・労力がかかるからです。

一方であなたが残ってくれれば、待遇を実施に見直すかは別として上司は大助かりな訳です。

退職希望はあくまでも現在の職と自分が思い描く未来が同じレールの上にないことを示す必要があるのです。

仕事内容や職種などがを変えたい、キャリアアップのため挑戦したい、昔からの夢を追いかけたいなどが一般的な理由でしょう。

これらはうまく伝えないと上司にかなり根掘り葉掘り聞かれたり、嫌味を言われて嫌な気分になったりするので知人に伝え方の相談をしてシミュレーションしておくといいでしょう。

一方でどうしても退職の旨を伝えられない、上司に直接伝えるのは無理だ!という状況の方は退職代行サービスを利用しましょう。もうこれは最終奥義です。

Uターンで退職の唯一の弱点

Uターンで転職する旨を伝える弱点は退職期限を先延ばしにすることをせがまれることです。

 

遠隔での就職活動はお金と労力を使うので、引っ越して身を落ち着けてから転職活動を始めようと試みる人が多いはず。

上司にその旨を伝えた途端、1ヶ月でも退職を送らせてくれと言われるでしょう。繁忙期などの事情もあると思いますので、全く譲歩しないのも難しいですが要求に従って行ったらいつまでも止めることができません。

引っ越しの都合など理由をつけて退職希望日をはっきりと伝えましょう。

希望通り退職するために引っ越し前に転職準備をしよう

地元が地方の場合は、一般的に首都圏よりも給与が下がりがちです。

給与をある程度確保するためには住む場所にとらわれないITスキルが役立ちます。

プログラミング初心者の方はスクール選びをされると思いますがCodeCampがオススメです。

オススメの理由

  • オンラインのプログラミングスクールですので、引っ越して住む場所が変わっても勉強を続けられるためUターン希望者にぴったり!
  • 無料体験がうけられる
  • 受講者20,000名以上を誇る実績No.1のオンラインプログラミングスクール

 

自分にスキルがつけば自信にも繋がりますし新しい一歩も踏み出しやすくなりますね。

皆さんの新しい一歩の参考になれば嬉しいです^^

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる